婦人

ほくろの悩みは皮膚科やクリニックに相談してみよう

レーザーを使った方法

鏡を見る女の人

ほくろの除去をする場合に用いられるのが炭酸ガスレーザーやQスイッチレーザーです。それぞれのレーザー治療はあまり痛みもなく少しの時間で施術を終えることができるのです。また、2つを組み合わせうことで大きなものも除去できます。

詳しくはコチラ

レーザー以外の治療法

目を閉じる人

ほくろの除去と聞くと手軽なレーザーでの方法を思い浮かべる人もいるでしょう。しかし、それ以外にも綺麗な仕上がりになる除去方法がいくつかあるのです。凍結療法や電気メス、くり抜き法などがあります。

詳しくはコチラ

主な原因と種類

医者

体のあちこちにできる黒いほくろにも、いろいろな種類があるのです。一番馴染みのあるものが単純ほくろと呼ばれるもので、1ミリから2ミリという小さいサイズです。これができる原因は紫外線を浴びてしまうということです。

詳しくはコチラ

見た目が似ている皮膚がん

顔を触る人

いつの間にかできているほくろには注意が必要です。ほくろと似ている見た目のメラノーマという皮膚がんがあり、その細胞はどんどんと広がってしまうのです。足の裏にほくろができているというときも注意しましょう。

詳しくはコチラ

費用は大きさに左右される

美容整形

ほくろを除去する場合に気になるのがその費用でしょう。ほとんどの場合はほくろの大きさや治療方法で金額が変わってきます。また、施術先によっても費用が代わることがあるので、無料カウンセリングを利用するといいでしょう。

詳しくはコチラ

相談できる場所

フェイス

顔の大きなほくろや膨らみのあるほくろが、気になっているということで悩んでいる人は少なくありません。ほくろというのはほとんどが黒い色のもので、皮膚にあるメラノサイトという細胞の集まってできています。これが小さければそこまで気にならないのですが、数が多かったり大きなものになってしまうと目立つので気にする人も多くなるでしょう。そんなほくろにコンプレックスを持っているという人は、クリニックや皮膚科、美容外科で相談をするといいでしょう。例えば、皮膚科で相談するとそのほくろの種類によっては保険が適用され、比較的安い費用で切除をしてもらうことができるのです。美容整形外科で治療をする場合は保険が適用されないというところも多いので、まずは適用できるのかどうかしっかり話を聞いてみましょう。なるべく切除跡を綺麗にしたいと考えているのなら、形成外科で相談してみるという手もあります。形成外科はいろいろな手術も行なっており、傷跡を目立たなくするという特殊な縫い方も知っています。また、こちらで除去する場合も保険が適用される可能性があるので費用を抑えることもできるでしょう。どのクリニックにほくろの状態を相談するかによって保険が適用されるのかそうでないのかが変わってきます。また、切除の方法も医師との相談によって変わるので、まずはどういった切除方法があるのかも理解しておくといいでしょう。ほくろだと思っていたものの中にはがんだったというものもあるので、気になるほくろができた場合はすぐに医療機関に相談しましょう。